プロフィール

imagemarket

Author:imagemarket
デジカメの普及に伴い、ちょっとしたセンスさえあれば、自分の写真を売ることが出来る時代になりました。
自分の為の備忘録を兼ね、写真を売れるサイトの情報とストックフォト業界ニュースを載せていきたいと思います。

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
shutterstock
PIXTA
写真素材のピクスタ
 
<
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
撮影時の注意点
夏休みシーズンに入り、旅行先で売れる写真を撮ろうと
思う人も多いかと思います。

ここでストックフォト撮影時の注意点を少しおさらいです。

①人物が写りこんだ写真はNG(モデルリリースが必要)
観光スポットを撮りたいのに観光客が写りこんでしまうという
ことは良くあると思います。しかし、最近は素人でも写真が売れる
サイトでも人物が写りこんだ写真はモデルリリースがないと
販売できないようになってきています。
なるべく、観光客が写りこまないようにピーク時間をさける、
アングルを工夫する等々が必要になってきます。

②神社、仏閣はプロパティーリリースが必要
販売用の写真撮影はNGとウェブサイトではっきり明示している場所も
あります。撮影前に確認が必要です。

③子供の写真を撮ったけど、服にブランドロゴが
せっかく自分の子供を撮ったけど、着ている服にブランドロゴが
写っている場合は販売NGになってしまいます。
ロゴを隠す、あるいは無地の服を着るなど、工夫が必要です。

他にもいろいろ注意点はありますが、せっかくの撮影チャンス、
うまく活用しましょう!

PIXTAチャンネルにわかりやすく説明されています。


スポンサーサイト
写真が売れる?サイト | 【2013-07-21(Sun) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
最近の記事
Sponsored Links

 
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。