プロフィール

imagemarket

Author:imagemarket
デジカメの普及に伴い、ちょっとしたセンスさえあれば、自分の写真を売ることが出来る時代になりました。
自分の為の備忘録を兼ね、写真を売れるサイトの情報とストックフォト業界ニュースを載せていきたいと思います。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
shutterstock
PIXTA
写真素材のピクスタ
 
<
リンク
ストックフォトでは何を撮影すれば良いのか?
最近、テレビ番組で「ストックフォトで副業」みたいな
内容が度々フューチャーされているので、これから
ストックフォトに挑戦してみようと思っている方も多いのでは?

そこで、まず気になるのが何を撮影すれば良いのか?
ということではないでしょうか。

その前にストックフォトを販売する際には以下の原則があります。
1.人物が写っている場合はモデルリリースの取得が必要
(手だけとか足だけが写っていて、誰か判断できない場合は不要です)
2.商業施設や他人が所有する建物等を撮影する場合は
プロパティリリースが必要
(敷地外から風景の一部として撮影した場合はOKの場合もあります)
3.ロゴやブランドが含まれるものを撮影するのはNG
(被写体がブランドものの服を着ている、バックを持っているなどは
NGです)
4.自身が撮影した作品であること
(あるいは販売する権利を所有していること)

次に主なジャンルとしては
1.人物もの
2.風景
3.物撮り でしょうか

1.人物もの
・被写体になりうる子供がいる、知り合いがいる場合は
挑戦しやすいでしょう。若い女性のイメージは売れ筋です。
単なるスナップにならないように
撮影してみましょう。

2.風景
・観光地など、広告に使われやすい場所は良いでしょう。
但しプロパティリリースが必要にならないか気をつける必要が
あります。
・夕焼けや海など、いくらきれいな風景でも、既に登録も多く
検索に引っかからないと露出も減り、販売のチャンスも減って
しまいます。

3.物撮り
・シーズンもの(クリスマス、お正月など)や
ビジネスイメージ、料理は売れ筋の模様です。

いずれにしろ、最終的にどんな広告に使われるのかということを
考えて撮影することが重要です。

なんて書きながらも実践するのはなかなか難しいものです。
各ストックフォトサイトで、売れる写真を撮るためのヒントが
多く掲載されていますので、実際にどんな作品が売れているのか
研究することが大切ですね。

写真で稼ごう ~ストックフォトサービス ピクスタが教える写真をお金にかえる方法~写真で稼ごう ~ストックフォトサービス ピクスタが教える写真をお金にかえる方法~
(2009/08/25)
LOCUS. AND WONDERS.

商品詳細を見る



未分類 | 【2010-12-14(Tue) 00:00:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最近の記事
Sponsored Links

 
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード